So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

中澤優子31歳 家電ベンチャー アップキュー社長 [経済]

日経新聞でたびたび取り上げられている、家電ベンチャーのアップキュー(UPQ)社長、中澤優子さんが、本日放送のテレビ東京「ガイアの夜明け」に出演予定ですね!

中澤社長は、2007年に中央大学経済学部卒業後、カシオ計算機に入社。5年ほど家電の開発を担当していました。しかしある時、他社と合同で新製品を開発することになりましたが、カシオの社風と違う、他社の「若い女のくせに」といったような空気に嫌気がさして、辞職しました。

その後、自力でカフェを経営するなどした後、いよいよ2015年7月に満を持して家電ベンチャーを立ち上げました。

今までになかった、言い換えれば絶対に大手では製品化できなかった斬新な発想の家電が次々と生み出されました。まだ創業1年未満なのに、開発した商品は24個。そのスピードからして違います。

もちろん、デザインだけでなく、その機能も優れもの。中澤社長が日経新聞で取り上げられたり、口コミで広まったりして、徐々にその製品が知れ渡りつつあります。

今日の放送がとても楽しみです!




エアバスA380 [経済]

全日本空輸が、欧州旅客機大手エアバスの超大型機「A380」を3機購入する方向だそうです。実現すれば国内航空会社がA380導入するのは初めてとなるそうです。2018年度以降に、ハワイ線への就航を検討しています。

エアバスA380は総2階建てで、座席数500以上の世界最大の旅客機となっていますが、大型機はやや時代遅れのような気がします。ANAは国際線の強化策として、日本航空や米航空会社と競合するハワイ線への投入を計画とのこと。

エアバスA380を巡っては、国内航空会社スカイマークが6機の購入契約を結んだが、業績悪化で解約され、違約金を請求されるなどして経営破綻の一因にもなりました。ANAはスカイマークの再生を支援しており、エアバスはANAに購入を求めていた経緯がありますが、A380など超大型機の需要は予想を下回っているとされ、ANAがうまく活用できなければ、業績に影響しそうですね。