So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

ニルアドミラリの天秤 攻略法 [ゲーム]

「ニルアドミラリの天秤」が4月21日に発売!これは大正時代を舞台にした乙女ゲーです。

【ストーリー】
傾きかけた家を守るため、名も知らぬ男との結婚を決意した少女が戦うストーリー。

弟が謎の焼身自殺を図り事件に巻き込まれてゆくヒロイン。少女の前に謎の組織「フクロウ」が現れ、このヒロインを導いて行くらしい。

彼らによれば、弟が自殺した原因となった、読んだ者に大きな影響を及ぼす「本」が存在するそうだ。少女はその弟の事件がきっかけで「アウラ」が見えるようになる。

嫉妬、憎悪、侮蔑、燐?--そして愛。少女を待ち受けていたのは、いくつもの裏切りが妖しくちりばめられた帝都の闇。

その中で翻弄され、少女が最後にたどり着くのは、幸せか、それとも絶望の闇か...



避難所の被災者が感じた、避難所の気になる点 トイレが不衛生 [防災用品]

新聞の記事で見たのですが、避難所に避難している人が、避難所で感じた気になる所は、トイレが不衛生な点だそうです。

水は出ず、不特定多数の避難者が使用し、掃除する人もいないので、どんな状況かは想像ができます。さらに日中の気温も高くなってきているので、不衛生な状況はやむを得ないですね。

しかし、小さいお子様がいる家庭などでは、感染症が心配です。避難所での生活はやむをえないのですが、自分の家族用に簡易トイレ、非常用トイレは必要かもしれません。

水も必要ありませんし、ゴミの回収が始まれば燃えるゴミで出せるので、一家に一台用意しておきましょう。



危機管理アドバイザーの山村武彦さんがおススメする、カセットガスを燃料とする発電機 [防災用品]

地震発生の時によくテレビに出演する、危機管理アドバイザーの山村武彦氏。その山村氏が夕刊フジの紙面で災害時のアドバイスをしていました。

災害時の電源供給に、カセットガスを燃料とする発電機があると安心だそうです。実際にご自宅で使っているそうですが、奥さんも簡単に始動できるそうです。

今までガソリンを燃料とする発電機が主流でしたので、自分はなんだかガソリンの取り扱いに心理的なハードルが高くて及び腰でした。

カセットガスで動く発電機なら、取り扱いも簡単そうですね。また、山村氏も言っていますが、カセットガスは卓上コンロなどの他にも用途が広がっているそうです。

我が家でも、卓上コンロはもちろん、電源・電池の不要な岩谷産業のストーブや、家庭菜園用のホンダのミニ耕運機を、カセットガスで使っています。

被災地では、被災された方が自宅で調理ができなくなっているそうですが、卓上コンロがあれば簡単な調理やお湯を沸かせるので、その点でもカセットガスは使えそうですね。








簡易トイレの作り方 猫砂・ゴミ箱・新聞紙 [防災用品]

テレビで防災の専門家が簡易トイレ作り方を説明していました。

ペット用の猫砂、自宅にあるゴミ箱・新聞紙・スーパーのレジ袋を用意します。
①自宅のゴミ箱(プラスチック製で人が静かに座れば壊れないもの)にスーパーのレジ袋など、ある程度大きなビニール袋をかけます。

②猫砂を少量、ビニール袋の底が見えない程度に満遍なく撒きます。

③用を足した後、上からかぶせるように猫砂を少量撒きます。

④猫砂に加えて、新聞紙を丸めて入れるのも効果的です。

⑤袋がいっぱいになったら、燃えるゴミとして出せるので、ゴミ回収に出します。








携帯充電器 スマホ充電器 [社会]

災害は、格言通りに「忘れた頃にやってくる」でしたね。

東日本大震災から5年経ち、みんなが忘れた頃にやってきました。

また忘れるから、今買っておこう。



布田川・日奈久断層帯 熊本 [社会]

○活断層とは?

活断層とは、最近の地質時代に繰り返し活動していて、将来また活動すると考えられる断層です。「最近の地質時代」とは、地質時代の最も新しい区切りである「第4紀」をいい、概ね200万年前から現在までのことです。

熊本県内の活断層
1889(明治22)年に熊本地震を起こした立田山断層をはじめ布田川・日奈久断層などの活断層があります。「自分の命は自分で守る」が防災の鉄則。いざという時に備えて万全を期したいものです。
熊本県内の主な断層の位置は概ね次の通りです。

●布田川断層 【 断層全長23.5km (北甘木断層含む) 】
(長陽村立野~西原村大切畑~布田~益城町杉堂~嘉島町北甘木)

●日奈久断層
(甲佐町付近~田浦町(御立岬付近)~八代海南部(御所浦島の東側約五キロの沖合)

●立田山断層
(立田山~花岡山~独鈷山~城山等)


国内の主な断層帯の活動状況の調査や将来発生する地震の危険度を評価している政府の地震調査委員会は、2003年7月31日、熊本県長陽村から八代海南部まで延びる「布田川・日奈久断層帯」で地震が起きた場合、熊本市などで最大震度6強以上の強い揺れが予想される、との評価結果をまとめました。

同断層帯は全長約101km。北東部~中部~南西部からなる。動く可能性の少ない北東部を除き、地震発生の可能性が高いグループに属する甲佐町から田浦町までの中部が単独で動いた場合を2パターンと、田浦町以南の南西部も同時に動いた場合を評価しました。

●中部単独の場合、地震の規模はマグニチュード(M)7.5程度で、北寄りで断層の破壊が始まると想定した場合、熊本市や下益城郡の一部などで震度6強以上の強い揺れがあると予測しました。

●破壊の始まりを海側にある断層の南寄りと想定した場合は、強い揺れの範囲が北東にさらに広がると予測した。

●南西部も同時に活動した場合、地震の規模はM8程度になり、御所浦町なども震度6強以上の揺れが予測されるとした。

●南西部も同時に活動した場合、地震の規模はM8程度になり、御所浦町なども震度6強以上の揺れが予測されるとした。


因みに、M7.3の阪神大震災を引き起こした野島断層の発生確率は8%でした。



富士浅間神社 [社会]

山梨県富士吉田市にある、富士浅間神社が外国人の旅行客に人気だそうですね!

なんでも富士山と五重塔とさくらが同時に見られるそうです。

まさに今がピークですね!!